DIGIRAY

DIGIRAYは技術コンバージェンス及び開発を通じて、お客様に新しいパラダイムを提供致します。

GUEST会員登録
会員登録

会員登録

利用規約

※ Digiray
当社は公平貿易委員会によって審査された標準的 情報を採用します。

公平貿易委員会(FTC)の標準的条項と条件 10023号

オンラインモール

第1条(ターゲット)

これらの条項と条件がGIGIRAYと呼ばれます。DIGIRAYが会社によって運営されます。オンラインモールの権利、職責と責任、及び使用者が使うオンラインサービス(下記にサービスと呼ぶ)を定義します。 ※PCで交流するものか無線電子商取引に対して、性質を違反しない限り、本協議は適用します。

トップ

第2条(定義)

  1. DIGIRAYは実体のあるビジネス機構で、会社は情報と交流設備(例えばコンピュータ)で貿易商品かサービスを設け、これによってユーザーに商品かサービスを提供します(下記に「商品」と呼びます)。
  2. 「ユーザー」とは、本協議の「モール」に入れる、及び「モール」の提供するサービスを受ける会員か非会員です。
  3. 会員が個人情報を「モール」に提供し、これによって会員が登録し、「モール」から持続的に情報を受け、及び「モール」の提供するサービスを持続的に使います。
  4. 「bihoewon」とは、会員に加入しない、「モール」でサービスを提供する人です。

トップ

第3条(条項と条件などを詳しく述べる、説明と修正する)

  1. 「モール」はこれらの条項と条件の述語で、担当者の名前、営業地の位置、顧客のクレーム住所と電話番号を含みます。模擬伝送番号?用户が情報をネットワークモールの最初サービススクリーンに貼り、メールのアドレス、業務登録番号、業務報告番号と個人情報管理担当者を気楽に了解します。しかし、ユーザーがスクリーンとつながることを通じて、協議内容を調べられます。
  2. ユーザーが条項と条件に賛成する前に、モールが本情報の所定の条項と条件から退出しますか?重要な事項を了解するために、例えば出荷責任と返金条項、単独にスクリーンと繋ぐ、或いはスクリーンをイジェクトする、これによって確認を得ます。
  3. 「モール」が「電子商取引消費者保護法」、「条項と条件を管理する契約法構成法」、「電子署名法」、「情報と通信ネット使用を促進する方法」などです。
  4. 「モール」が条項と条件を修正する場合は、申請前の7日から申請前の1日まで、今の協議と修正原因をモールの最初スクリーンに示します。
    しかし、ユーザーに有利しない条項と条件の変更は少なくとも30日間前に通知します。こんな状況では、「モール」が修正前と修正後の内容を比較し、ユーザーを了解させるために、示します。
  5. 「モール」が条項と条件を修正し、前修正した条項と条件は申請後に締結する契約と締結した契約に適用します。しかし、ユーザーがユーザーの意図を送信することを通じて、第3段の通知期間に条項と条件を修正するという制限を受けると、彼が「モール」と修正契約を締結したと見なされます。
  6. 本協議に定めていない事項、及びこれらの条項に定めてない説明に対して、消費者は電子商取引の消費者保護者、条項と条件の管理法、及び電子貿易委員会の規定を守ります。

トップ

第4条(サービスの提供と修正)

  1. 「モール」:
    1. 商品とサービスを提供と購買する協議
    2. 協議を購買することを通じて、商品かサービスを提供します
    3. 「モール」が定めているほかの職責
  2. 「モール」は貨物かサービスが足りない、或いは技術規格が変更する場合に、契約によって提供される貨物かサービスの内容を変えられます。こんな状況になる場合ば、変更の貨物かサービス内容及び提供日を貼るところをすぐ通知します。
  3. 「モール」とユーザーの間のサービス内容を変える原因、例えば在庫がない、技術標準がない、すぐユーザーを通知します。
  4. 前の状況になる場合は、「モール」はユーザーにこんな行為のため生まれた損失を賠償します。しかし、こんな規定は「モール」は悪意かミスがないことを証明できる状況に適合しません。

トップ

第5条(サービス中止)

  1. 「モール」が情報と交流を守る機構ですか、交流を交換、失効するか失う場合は、サービスを一時中止できます。
  2. 第1段のため、「モール」がユーザーか第三者に一時中止されるので、生まれる損失を賠償します。しかし、「モール」は悪意かミスがないことを証明できる状況を含みません。
  3. 第1段のため、「モール」がユーザーか第三者に一時中止されるので、生まれる損失を賠償します。しかし、「モール」は悪意かミスがないことを証明できる状況を含みません。

トップ

第6条(会員登録)

  1. ユーザーが「モール」の指定する登録表によって、会員情報を入力し、それに会員を賛成します。
  2. 下記の内容に属しない限り、第1段の通りに、「モール」は会員に申請したユーザー会員に登録します。
    1. 第3段第7条によって前申請者は彼/彼女の会員資格を失ったが、会員資格を三年取得した人は、彼/彼女の会員資格を失う時から通過しました。
    2. 登録の細部を間違って入力か無視しました
    3. 会員の登録が技術の損害と見なされます
  3. 「モール」の批准が届く会員日は会員契約に入る日付です。
  4. 第1段15条によって、登記表に変更がある場合は、会員はメールかほかの方法ですぐ「モール」にこの変更を通知します。

TOP

第7条(会員資格が回収される、資格を失うなど)

  1. いつでも会員は「モール」から回収を要求できます。「モール」がすぐ回収を扱います。
  2. 会員が下記の原因に属する場合は、「モール」は彼の会員資格を制限か一時中止します。
    1. 登録を申請する時に、間違った情報を登記しました。
    2. 会員は「モール」、或いはほかの「モール」に使っている商品の支払で会員の債務を支払いません。
    3. 電子商取引註文を脅かし、例えば他人の情報を妨害するか盗みます。
    4. 本協議の法律が禁止される、或いは「モール」を利用して公共か私人の事件に背く行為をします。
  3. 「モール」が会員資格を制限するか?同じ行為を二回繰り返す、或いは30日間までに修正しない場合は、「モール」が会員資格を失います。
  4. 「モール」が会員資格を失うと、会員の登録が取り消されます。こんな状況になる場合は、会員に通知し、それに会員資格の登記が終わる前に、証拠を提出するというチャンスを与えます。

トップ

第8条(会員のご注意)

  1. 「モール」が会員を通知し、会員が「モール」と手配を立て、指定のメールへ送信します。
  2. 指定しない会員を通知すると、「モール」は単独の通知を「モール」壁に一週間以上貼ります。しかし、交易に大きな影響を与える会員を通知します。

トップ

第9条(購買の請求)

「モール」ユーザーは「モール」の以下か似ている方法で購買を申請します。ユーザーは「モール」に下記の情報を通知します。会員になる場合は、プロジェクト2から4の申請を含めないです。
  1. 商品を検索するか選ぶなど
  2. 名前、アドレス、電話番号、電子メール(或いは携帯電話番号)を入力します
  3. 権利を回収する条項と条件とサービスが制限され、運賃?検査取付費など。
  4. 条項と条件3.A商業栄誉の標識を確認か断わります(例えば、マウスをクリックします)
  5. 商品の購買に賛成する、「モール」を確認します。
  6. 支払方法を選びます。

トップ

第10条(契約の締結)

  1. 第9条によって下記の場合になると、「モール」は購買請求を受けません。しかし、未成年と契約を締結する場合は、彼か彼女が法定代表から賛成を得なく、彼かほかの法定代表者が彼か彼女に契約の取消を通知します。
    1. 申請に間違いところ、無視か間違い陳述があります。
    2. 未成年が購買する商品かサービスは青年保護法によって制限され、例えば、煙と酒。
    3. 購買の申請は大きな技術損害があると見なされます。
  2. 第1段12条によって、領収書で「モール」の受けをユーザーに送る時に、協議が達成すると見なされます。
  3. 「モール」の批准はユーザー請求の確認、販売可能性及び註文修正の取消を含みます。

トップ

第11条(支払う方法)

「モール」で商品かサービスを購買する方法は下記の方法を使えます。「モール」は商品を支払う以外の費用を取ってはいけません。
  1. 電話銀行、オンライン銀行、メール銀行など
  2. 前もって支払うカード、デビットカード、クレジットカードなど
  3. オンラインに繋がらない貯金
  4. 電子貨幣で支払います
  5. 領収書で支払います
  6. 「モール」によって支払われるポイントで支払います
  7. 「モール」によって批准されるプレゼント証明書で支払います
  8. ほかの電子支払方法で支払います

トップ

第12条(領収書の通知、購買申請の変更と取消)

  1. ユーザーが購買を請求する時に、「モール」はユーザーに領収書を通知します。
  2. ユーザーが領収書の通知、例えば彼か彼女が賛成する相違をもらう時に、彼か彼女が領収書をもらう後、すぐ変更を請求する、或いは購買請求を取り消します。しかし、支払った場合は、第15条の註文を回収する規定に適用します。

トップ

第13条(商品の提供など)

  1. 「モール」とお客様の間に商品の出荷日に関する協議がない限り、登記する日からの7日までに「モール」に出荷を通知します。しかし、「モール」が全部か一部分の代金をもらう時に、全部か一部分の代金をもらう後の2つの業務日までに出荷します。この時に「モール」は適当な措置を取り、これによってユーザーが供応プログラムと供応プロセスを検査することを確保します。
  2. 「モール」は出荷方法、出荷費用、出荷日などを定めます。「モール」が定めている時間を超える場合は、ユーザーに損失を賠償します。しかし、Moleは?間違いがないと証明される場合は、状況が違いになります。

トップ

第14条(清算)

「モール」はユーザーに在庫がないので、購買商品を交付か提供できないことを通知し、或いは2日間に商品の返金を扱います。

トップ

第15条(註文の回収など)

  1. 「モール」と領収書をもらう七日までに商品を回収できるという購買協議を締結します。
  2. 商品を交付した場合は、下記の状況になる時に、商品を返却か交換してはいけません。
    1. ユーザーのため、商品が紛失か損害します(しかし、包みが損害する場合は、註文を回収でき、これによって商品の内容を検査します)。
    2. ユーザーが使うか消耗するので、商品価値が大いに下げられます
    3. 長い時間の後、商品の価値が大いに下げるので、再び販売できません
    4. 同じ性能の商品をコピーできます。もとの商品の包装が壊れられました
  3. 第2段から第4段までの状況になる場合は、「モール」は註文を回収する制限、例えば註文の所定を前もって説明しないと、これを消費者に提供できません。
  4. 商品が契約の細かい内容と異なる、或いは第1段と第2段の規定があるが要求を満足する場合は、ユーザーは交付する日からこの商品を受けてはいけません。

トップ

第16条(註文を回収する効力など)

  1. ユーザーが商品を返品し、「モール」が三つの稼動日までに支払った商品の支払いを修正する場合は、「モール」がお客様の商品の清算を遅らせると、公平貿易委員会によって定められている天然利息を天然金利の遅延期とかけます。
  2. ユーザーがクレジットカードか電子マネーで商品を支払う時に、「モール」は以上の金額を報い、速く企業のために支払方式を中止します。
  3. しかし、商品の内容が製品の内容か広告の内容と異なる、或いは契約を履行する後、註文が回収される場合は、「モール」が商品を返品する費用を負います。
  4. ユーザーに商品を提供する時に、彼か彼女が運賃を支払う時に、「モール」は誰かが註文の回収を支払うかをはっきりと説明します。

トップ

第17条(プライバシー)

  1. 「モール」がユーザーから情報を集める時に、購買契約を完成する時の必要な最小情報量を完成します。下記は強制の選択と可能な選択です。
    1. 名前
    2. 居住登記番号(会員)か異郷登記番号
    3. アドレス
    4. 電話番号
    5. 要求される身分証明書番号(会員)
    6. パスワード(会員)
    7. 電子メール(或いは携帯電話番号)
  2. モールが識別可能な個人情報を集める時に、ユーザーから賛成を得なければなりません
  3. 提供の個人情報はユーザーから賛成を得ない限り、この目的の以外の人か第三者に提供してはいけません。提供したら、「モール」は責任を負います。しかし、例外的な状況が適用します。
    1. 船積の運送者に出荷を通知する一番少ないユーザー情報(名前、住所、電話番号)
    2. 生産統計、学術研究か市場研究をする時に、提供しなければならない特定の識別不可表
    3. 商品かほかの商品を支払う時の必要な情報
    4. 自分が盗みを防止することを確定する必要な情報
    5. 法律の必然的な原因
  4. 「モール」が第2項と第3項により利用者の同意を得なければする場合には、個人情報管理責任者の身元(所属、氏名、電話番号、その他の連絡先)、情報の収集目的及び利用目的、第三者の情報提供に関する事項(提供された者、提供目的及び提供する情報の内容)などの情報通信網利用促進等に関する法律第22条第2項の規定した事項をあらかじめ明示したり、告知する必要があり、利用者は、いつでもこの同意を撤回することができます。
  5. いつでもユーザーが彼か彼女の個人情報に入れ、それに情報を修正できます。「モール」は必要な行為を取る義務があります。ユーザーが間違いを修正するよう請求する場合は、「モール」は間違いを修正する前に、個人情報を使ってはいけません。
  6. 「モール」はマネジャーの制限を通じて、すべてのユーザーの個人情報が紛失される、盗まれる、漏らされるか変調されることに責任を負い、クレジットカード、銀行口座とほかのものを含みます。これによって、個人情報を守ります。
  7. 「モール」から個人情報を受ける第三者、或いは個人情報を受けるほかの人は情報を集めるか提供する後、すぐこの個人情報を廃棄します。

トップ

第18条(「モール」の義務)

  1. 法律は「モール」に公衆と合わせない条項か法令をこれらの条項と条件と一致することを指示してはいけません。当社はサービスの提供に力を入れます。
  2. 「モール」のためにユーザーの個人情報(貸付情報を含む)を守る安全システムをインストールし、これによって安全にネットワークサービスを入ります。
  3. 「モール」にこの商品かサービスを展示します。広告公平法の第3部分は不公平なマークです。ユーザーは広告行為を通じて、お金を損失する場合は、彼か彼女は賠償を支払います。
  4. 「モール」はほしくないビジネスメールを送信しません。

トップ

第19条(会員の身分とパスワードを管理する)

  1. 第17条の状況のほかに、会員が身分とパスワードを管理します。
  2. 会員は第三者に身分かパスワードを使わせてはいけません。
  3. 会員は身分かパスワードが第三者によって使われると気づく場合は、会員はこのことを「モール」に通知し、それに「モール」の指示を守ります

トップ

第20条(ユーザーの義務)

ユーザーは下記のことをしてはいけません
  1. 申請か変更をする時に間違った情報で登記します
  2. 情報を盗みます
  3. 「スーパー」が貼る情報へ変えます
  4. 「スーパー」が定めている情報の以外の情報を送信か貼ります(例えばコンピュータ.プログラム)
  5. 知的所有権、例えば「スーパー」か第三者のバージョンを侵害します
  6. 「スーパー」のほかの第三者の名声を損害か破壊します
  7. 汚いか激しい情報、ビデオ、声とスーパーのほかの情報を現すか貼ります

トップ

第21条(「スーパー」を繋ぐと「スーパー」を立てる)

  1. 母「スーパー」と子「スーパー」を高速リンクで繋がると(例えば、高速リンクは手紙、写真を含む)、後者を「スーパー」(ウェブサイト)と呼びます。
  2. 「スーパー」を繋ぐ場合は、これはユーザーの如何なるの交易に責任を負いません。例えば、最初スクリーン、或いは「スーパー」日付にリンクすると、これはユーザーの間の交易を単独に担保しません

トップ

第22条(バージョンの帰属と使用)

  1. 「スーパー」バージョンの全部作品のバーションは「スーパー」に属します。
  2. ユーザーが「スーパー」から事前に賛成しない限り、知的所有権を持つ「スーパー」から取得する情報をコピー、伝送、発布、散布か放送してはいけません。
  3. 本協議によって、「スーパー」はユーザーにユーザーのバージョン使用を通知します。

トップ

第23条(解决貿易)

  1. 「スーパー」がユーザーの提出した合理的な意見かクレームを反映する損害賠償機制を設けますか。これは操作できます。
  2. 「スーパー」はまずユーザーが提出したクレームか意見を扱います。
  3. ユーザーが「スーパー」とユーザーの間の電子商取引の争議を助けることを請求する場合は、公平貿易委員会か省長によって仲裁されます。

トップ

第24条(司法管轄と法律)

  1. 「スーパー」とユーザーの間に電子商取引に関係する訴訟はクレーム時のユーザーアドレスに基づきます。アドレスがない場合は、この機構を専門的に管理する現地裁判所に基づきます。しかし、クレーム時にユーザーアドレスか区域がはっきりと分からない、或いは外国居民である場合は、民事訴訟法によってこれを管轄権のある裁判所に提出します。
  2. 韓国法律は「スーパー」とユーザーの間に提出された電子商取引ケースに適用します。

トップ

個人情報保護方針

収集された個人情報の入力

会社は、登録、相談、サービス申請などのために以下の個人情報を収集します。

  • -アイテムを集める :
  • 個人情報の収集方法 : ウェブサイト(サインアップ)
個人情報オブジェクトの収集と使用

会社は、収集した個人情報を次の目的で使用します。

  • -サービスおよびサービス提供に関連する契約の決済価格

    購入、支払い、出荷または請求

  • -メンバーシップ管理

    サブスクリプションサービス、個人識別、不正使用防止および不正使用防止の貧しいメンバー、登録の確認、年齢確認に従ってチェックしました

個人情報の保持と可用性

会社は、個人情報の収集と使用の目的が達成された後、例外なく例外なくその情報を破棄します。